自然栽培米と自然農法米の違いを見分けるポイント

熊本県 自然農法米 ~安心安全の米を直送!

  

HOME ■自然栽培米と自然農法米の違いを見分けるポイント■   

矢印自然栽培米と自然農法米の違いを見分けるポイント

多くの方が
農薬を使用する栽培方法に疑問を持ち出し
最近では、
自然栽培米や自然農法米という知名度も上がってきたように思います。

でも、
いろいろ呼び方があって
ややこしいというお声もよく聞きます。

今回は、
自然栽培米と自然農法米の違いを見てみましょう!

自然農法が源流となっている

まず、全ての源流は、
1930年頃に提唱された【自然農法】の考えからきています。

【自然栽培】という言葉はリンゴの木村さんで有名になりましたが
もともとは自然農法の考えを源流としています。

1930年代に岡田茂吉氏に提唱された【自然農法】に関する文献の中にも
【自然栽培】という言葉は出てきます。

自然農法は1930年代に
岡田 茂吉氏や福岡 正信氏によって、広まった考え方ですが、
岡田 茂吉氏が提唱した自然農法は、
当初は、農薬・肥料を一切使用しない栽培方法
でした。

しかし、
肥料を良しとする時代の流れの中で
【自然農法】もいろいろな流派に分かれてきました。

農薬は不使用だが、一部肥料は認める流派や
農薬も肥料も原則通り不使用という流派など分かれてきました。

例えば、

MOA自然農法は、
肥料を使用せずに
農家として生計を立てていくことは無理だという農家の声を受け、
理想に近づくためには移行段階が必要だと考えました。

その結果、
農薬・化学肥料不使用を原則とし、一部の有機肥料は認めるとしました。

自然農法の原則通りの
農薬・肥料を使用しない農業実践者をゼロにしないための応急処置でした。

しかし、現在では、MOA自然農法でも
原則通りの農薬や肥料を使用しない実践者を増やす活動を促進しています。

本サイトの前田 英之さんは
【自然農法】の流派の中でも秀明自然農法に属されている方です。

秀明自然農法は、
農薬も肥料も原則通り不使用を貫いてきた流派
です。

前田 英之

一方、
リンゴの木村さんで有名になった【自然栽培】とは
自然農法の原則通りの
農薬・肥料不使用で栽培する事です。

別の言い方をすると

農薬と肥料に関して
【自然農法の原則】を守っているのが【自然栽培】
というわけです。

前田自然農法米?前田自然栽培米?どっち

自然農法米と自然栽培米は、
名称の違いから何が一体違うの?と
混乱させてしまいがちです。

前田 英之さんの場合、
農薬も肥料も使用せずに
自家採種されたミナミニシキを育てています。

前田さんは、
秀明自然農法に属されている方ですので
前田自然農法米ミナミニシキと名称を決めていますが、
同時に
前田自然栽培米ミナミニシキとも言える
わけです。

自然栽培米と呼べる
判断基準は簡単です。
・肥料を使用しているかしていないか?
・他から持ってきた菌や資材を使用しているかしていないか?

自然農法は、
1930年に提唱されてから長い年月が経ち
その間、いろいろな流派に分かれましたので
自然農法米といっても
ボカシ肥料や菌などを使用している場合があります。
一方、
前田 英之さんのように
無農薬・無肥料で育てる方もおられます。

そのため、
自然農法と記載されたお米をご購入される場合
肥料や菌・資材の使用履歴の記載をよく見ないと
どのようなお米かは分かりません。

もし無肥料にこだわるならば、
販売する方と電話してコミュニケーションをとるのも良いかもしれません。

自然栽培米と自然農法米、どちらが良いのか?

私どもでは、
農薬や肥料を使用せずに
かつ自家採種されている自然栽培米・自然農法米を選んで
皆様に提供しております。

しかし、
私どもが、肥料を全く否定しているのかというと
そういうわけでありません。

自然栽培米と記載している場合は
農薬や肥料は使用していませんが
自然農法米と記載している場合
農薬は使用していませんが、流派により肥料を使用している場合もあります。

肥料を施している場合
この肥料は、どこからきて、
何のために施しているのかがポイント
だと思っています。

自然界を見てみると
ある土地で植物の種が落ちて、根を張り
根の周りの微生物を豊かにし
その植物もいずれ枯れて土になる。

このように土壌の微生物層が豊かになり
土が作られていきます。
このサイクルを無視すると持続的な農業はできません。

堆肥と土壌

それに習うと
肥料を施すならば
その肥料(堆肥)は、その水田から採れた有機物が良いかと思います。

やはり、
牛糞堆肥や魚粕等は、外から持ってきているので何だか不自然に感じます。

また、
何のために肥料を施すのかについては
自然界が教えてくれているように
土壌微生物層を豊にして、土を作るためですね。

増収を狙って、肥料を施すことは、
不自然であり、歪を生むように感じます。

そのため
自然農法米で肥料を施している場合でも
その水田から採れた有機物で
土作りのために施しているのならば、
それは、良いのではないかと思います。

前田自然農法米・自然栽培米で施している有機物

前田さんの水田は
自然栽培歴10年目になりますが
土壌微生物の事を考え、土作りをしてきました。

自然栽培米では、
肥料は施しませんが
その水田の有機物は、土壌に供給されています。

それは、収穫時の
コンバインの後ろから出る粉砕されたイナワラですね。

前田自然農法米の有機物

この粉砕された稲わらは
太陽エネルギーと水・土のエネルギーを固形化したもの
です。

これを土壌微生物達がエサとして繁殖し
土壌を作っていくのですね。

前田自然農法米(自然栽培米)ミナミニシキも
今年で
農薬や肥料を使用しない自然栽培歴は10年目となりました。

前田ミナミニシキ田植え後

食べた方の健康に役立てるような
生命力のあるお米を目指していきたいと思いますので
どうぞ宜しくお願いします。

前田自然農法米(自然栽培米)ミナミニシキはこちら

新着情報

当店の自然栽培米10の特徴

店長アツユキの頭の中

店長アツユキの頭の中

メニュー

会社概要



HOME - ■商品一覧■ - ■お客様の声■ - ■プロフィール■ - ■こだわり米の品種■ - ■おいしい米情報■