おしい米情報|自然栽培米・自然農法米ミナミニシキ

熊本県 自然栽培米・自然農法米

HOME > ■おしい米情報|自然栽培米・自然農法米ミナミニシキ■

白米・玄米・分搗き米何が違うの?

米を食べると言っても実は精米の方法で何通りも食べ方があります。
皆様は米を食べる時には、どのような精米状態で食べるでしょうか?

白米?胚芽米?七分搗き?玄米?

ざっと特徴を書いてみますね。

【白米】
白米″width=皆様に一番なじみのある米ではないでしょうか?
明治までは一般庶民は白米を食べることを制限されていましたが
明治にこれが撤廃されて、庶民も白米を食べるようになりました。

そのため流行った病が脚気(ビタミンB1 不足)です。

実は白米は
米の本来持っている栄養分がほとんど削ぎ落とされています。
真っ白に精米された白米は、精米時に胚芽と糠層を削ぎ落としているからです。
そして残るのは胚乳のみ。
この胚乳を食べているのです。

胚乳とはデンプンのかたまりつまりカロリー摂取がメインです。
胚芽米や分搗き米、玄米に比べビタミン、ミネラルが大幅に減ってしまうのです。

米の構造

米の構造を大きく分けると下のようになります。
玄米の構造″width=
胚乳・・最も内側にある白い部分
主な成分はデンプン

胚(芽)・・米の先端付近にある薄黄色部
主な成分はビタミン・ミネラル
胚芽は米の生命の宿っている最も大切な部分です。

糠(ぬか)層・・玄米の外側の茶色部
主な成分はセルロース
セルロース自体は消化しにくいが、他の食物の消化吸収を助け、腸の働きを促進してくれる。
  玄米の構造:胚芽3%、種皮・果皮(ぬか層)5%、
        胚乳(糊粉層・でんぷん)92%


【玄米】

玄米″width=玄米で食べている方は少ないのではないでしょうか?

試された方はご存知だと思いますが、
圧力鍋や活力鍋で炊くとプチプチした食感で
白米とはまた別の味わいがあります。

玄米には胚乳・胚芽・糠層、全てを含んでおり、栄養分の塊といってもいいでしょう。

玄米の効能には、
①豊富な栄養分を摂れる
②有害な物質の排泄力が増す
③お通じがよくなる

玄米を食べるときは、とにかくよく噛んで食べることを意識して下さい。
栄養分の消化吸収を助け、
体内の重金属・添加物・農薬など有害物質を排泄する働きも増します。


ただ、玄米はその排泄力の強さから体に必要な栄養素も排出するという考えもあります。
玄米食が自分に合っているのか?を感じる必要があります。

【胚芽米】

胚芽米″width=胚芽米は特別な精米方法により、胚芽のみを残した米です。
見た目は白米同様ですが、米先端に薄黄色の胚芽が見えます。

玄米に比べて食べやすく、消化されやすい特徴があります。

胚芽が残っているので, 白米よりビタミン・ミネラルを豊富に含んでいます。

胚芽米は水に漬けておくと芽を出します。
つまり生命のある米なのです。
米種子からイネへ成長するのに必要なビタミン・ミネラルなどの微量栄養素を含んでいるのです。


【7分搗き米】

7分搗き″width=分搗き米とは何か?

精米の順序は、
玄米→3分搗き→5分搗き→7分搗き→白米
数が大きくなると白米に近づいていきます。

分搗き米は、胚芽も糠層も同時に精米します。
7分搗きでは、胚芽は少し減りますが、残っており、糠層も残っております。

上の写真をを見ると胚芽が残っているのがわかると思います。
食べてみると白米とあまり遜色がなく、
7分搗きの方が味わい深いと言って下さる方もいます。

なにより、白米とは違う栄養素を摂って頂きたいというのが一番です。


【雑穀米】

雑穀米″width=玄米が食べられない人は、胚芽米や7分搗き米に雑穀や豆を一緒に炊くことで、ミネラル分やビタミンを補充できます。

雑穀は、ミネラル・食物繊維を豊富に含み、白米をはるかに凌ぐ栄養バランスの良さを保っています。

また黒米や赤米の色素は、抗酸化物質と言われており、
体の酸化を防ぐ、つまりは老化を防ぐ物質が含まれております。

雑穀を入れて食べている方からは
「白米だけだど何だか物足りなく感じる」という声を多く頂いております。
実際に栄養分も彩も数段良くなります。

白米にはない彩りの豊かさも楽しんで下さい。

米の保存はどうするの?


お米をおいしく食べるには、どのように保存するかとうのも考えてみましょう。

一般に米を保存するのに適した条件とは
気温15度、湿度70%がベストと言われています。

玄米は15度以下になると、冬眠状態になり、呼吸作用がほとんど停止し、食味の低下を防ぐことができます。
またコクゾウムシなどの米につく虫の繁殖は大幅に押さえられるとのデーターもあり、15度の温度もベストと考えられます。

湿度70%というのは、カビが発生する湿度が75%以上であり、湿度70%を保てば、カビ、細菌の繁殖を抑えれます。

しかし気温15度、湿度70%を保つというのは、
米農家の貯蔵庫で調整してできる話です。

では、購入後、家庭でどのように保存するのか?

気温15度、湿度70%という数字は計測器がないと測れないので
簡単に表現すると
温度が低くて、風通しが良くて、暗い場所がよいということになります。

しかし、キッチン周りはこの条件を満たすところがほとんどないのです。
定番の「シンク下」ここは、湿気が高く、
冷蔵庫の近くは温度が高くなりますので適当ではないです。

保存ポイント
①家の中で水気がなく、温度の低い所を見つけましょう。
(風通しが良ければなお良いです)

②米袋(紙製)のままでもよいと思いますが、
保管時に封はしっかりとくくって保管して下さい。

③なるべくなら玄米で保存し、食べる都度に精米する。


精米した米を買っている方は注意なのですが、
精米してからおいしさを保てる期間があります。
夏には2週間、冬は1~1.5ヶ月と言われています。
精米された米は徐々に酸化して、粘りが減少し、食味が落ちてきます。

精米した米を長期に保存するために
米をペットボトルに入れ密封して冷蔵庫に保存し、小分けに使用する。
乾燥もしくは結露に注意すれば効果があると思います。つまりは密封です。

実は私は初め20kgの玄米で買って、2ヵ月で消費していました。
ちょうど梅雨時期頃から、米袋の中に何かいることに気がつきました。
調べてみると「ノシメマダラメイガ」・・・・
シンクの下に長期保管(2ヵ月)していたのがまずかったです。

今では、居間の中ですが、水気のない所で暗い所に置いています。
紙袋の中で封をしっかりくくり保管し、食べるごとに玄米を精米して食べてます。
冷蔵庫のスペースなど条件が異なるので
自分に合った保存方法を探すのも面白いかもしれません。

ポイントは
①低温
②低湿
③密封


米農家では貯蔵庫で保管しているので
家族で1カ月程度で消費できる量を購入して、
家庭では上の保存ポイントを意識してもらうのがベストかと思います。

ページのトップへ戻る

3つの秘密



商品カテゴリー

  • 前田自然農法米
  • 前田玄米珈琲
  • 前田自然農法米 米ぬか

平成29年度米新着情報

年間契約

当店の自然栽培米10の特徴

人気ランキング

前田自然農法米動画

店長アツユキの頭の中

メニュー

会社概要

メールやTEL/FAXでご注文


HOME - ■商品一覧■ - ■お客様の声■ - ■プロフィール■ - こだわり米の品種 - ■おいしい米情報■

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ - 送料について - お支払いについて