自然栽培米ミナミニシキ|元来、日本人が食べてきた発芽する生命力溢れる本来のお米

熊本県 自然栽培米・自然農法米

自然栽培米の収穫時の色は何故こんなに薄い!

稲穂

前田自然栽培米ミナミニシキの収穫は
九州で最も栽培されているヒノヒカリよりも
2週間ほど収獲が遅く、毎年10月末頃に収穫されます。

10月頃になると
多くの水田では収穫時期に入りますので
水田が緑色から黄緑色に徐々に変わっていきますね。

私達が、収穫時期の稲を見て回ると
一般には、緑色が残っている稲があったりしますが
肥料を使用しない自然栽培米では、
稲の色がきれいに抜けて、黄金色になっています。

一般には
基肥、追肥と窒素、リン、カリ分を施肥しますが
収穫時に窒素分が残っていると、稲の色に緑色が残ってしまいます。

そのため
肥料を使用しない自然栽培米の水田に立つと
余分な物が何も残っていない、スッとしてクリアーな印象を受けます。

前田自然栽培米ミナミニシキの稲

前田自然栽培米ミナミニシキの稲の特徴は
写真で分かりにくいかもしれませんが
稲穂の長さは約110-120㎝あります。

いわゆる長稈(ちょうかん)といわれます。

長稈の稲は、肥料が効いていると倒れてしまうのですが
無肥料で育てた場合は、
根っこがしっかりと張ってくれるためか倒れません。

近年では、短稈(たんかん)で早生(わせ)が好まれてきました。
いわゆる、稲が短くて倒れにくく、台風などの気象リスク回避のため
早い時期に収穫できる品種で収量面では有利なんですね。

しかし、ミナミニシキは
長稈(ちょうかん)で晩生(おくて)です。
全く逆の品種ですね。

昔の品種、「亀の尾」や「旭」は長稈で晩生だったので
昔ながらのお米の特性を兼ね備えていると言えます。

稲穂

稲も緑色が抜けてきれいな黄緑色になり
特に夕日にあたると、稲穂は黄金色になって美しいです。

農薬や肥料を使用しない自然栽培で育てた田んぼの稲穂風景は
見た目も美しいのですが、
その場にいると心もスッとクリアーになってきます。

収穫

前田さんは、10年以上前に
甘味や粘りを追求した改良された品種が増えていくなか
あっさり系品種のミナミニシキの生命力の強さに着目し
一年間ミナミニシキを食べ続け、自分の体の反応を見ました。

その結果、このミナミニシキこそが
人を健康にすることができるお米だと確信しました。
そして、田んぼの面積全てをミナミニシキの栽培に変更し
農薬も肥料も一切使用しない自然栽培で育てています。

これからも
食べた人が健康になれるように
前田自然栽培米ミナミニシキをお届けしたいと思います。

メールでご注文

電話でご注文
※スマホ(携帯)の方は、クリックすると電話に繋がります。


※FAXご注文用紙をプリントアウトしてご記入後、上記へFAXお願い致します。

3つの秘訣

商品カテゴリー

  • 前田自然栽培米ミナミニシキ
  • 自然玄米珈琲
  • 前田自然栽培米 米ぬか

人気ランキング

【1位】ミナミニシキ

自然栽培米ミナミニシキ

自然栽培米ミナミニシキ


【2位】自然玄米珈琲

自然玄米珈琲

体に優しい自然玄米珈琲


【3位】自然栽培米ぬか

自然栽培米ミナミニシキ米ぬか

安心安全の自然栽培米ぬか

年間契約

メール・TEL・FAXご注文


メールでのご注文
※24時間受付
※お支払方法:代金引換

電話でご注文

電話でのご注文
※平日9:00-17:00対応
※お支払方法:代金引換

FAXでご注文

FAXでのご注文
※24時間受付
※お支払方法:代金引換
※FAXご注文用紙でご注文

前田自然栽培米動画

Facebook

メニュー

会社概要

 

■ナチュラルスタイル■

住所:〒869-0101
熊本県玉名郡長洲町
宮野1103-8