自然栽培米ミナミニシキ|元来、日本人が食べてきた発芽する生命力溢れる本来のお米

熊本県自然栽培米・自然農法米ミナミニシキ

自然農法・自然栽培米で天地返しをする理由

天地返し自然農法の考え方には、
”天地返し”という考えがあります。

皆様は、天地返しというのをご存知でしょうか?

自然農法では、
1)深い耕耘
2)天地返しをするべしとされています。

1) 深い耕耘
深く耕し、肥料の蓄積層を散らし、分散させることです。

2) 天地返し
水田の場合、土質等にもよりますが、
肥料の蓄積層は、土壌表面より約20㎝以上下にあると考えられています。

これを分散させる方法として
土壌を掘り起こし、細かく砕かずに
肥料蓄積層の部分を地表面に出して
日光や、雨風により風化させます。
これを天地返しと言います。

天地返しを行う自然栽培農家 前田 英之さんの場合

自然農法や自然栽培実践者の方でも
天地返しをする人としない人と別れます。

それは
生産者の考え方やその田んぼの土質などにもよります。

自然栽培米農家、前田さんの田んぼは、少し粘土質です。

収穫後の田んぼには、
なるべく多くの空気を入れ込み

”豊かな生態系を田んぼの中で育みたい”
と考えています。

下の写真は
1月頃に行った天地返し前の様子です。

前田天地返し

斜めに線が入っているのが分かるでしょうか。

実はこれ
1m の深さの溝を切っているのです。

1m下まで空気を入れるためですね。

いよいよ

天地返し用の特別なアタッチメントをつけて
天地返し開始です!

天地返し

深さ20-25㎝ほどをひっくり返していく感じです。

天地返し

20-25㎝下にあった層が表面に表れてくるんですね。

この下にあった層を
地表面に出し、日光に当て、雨風で風化させていきます。

また、表面がボコボコしているので
影などを作り、複雑な環境になるために
生物達も棲みつきやすくなるのだと思います。

(撮影:2013年1月)

前田さんは、天地返しは、土壌を攪乱するので
生物達にとってストレスになり
これが微生物の活力を生むと考えています。

人間と一緒ですね。

良いストレスは、人間を成長させます!

前田さんの田んぼは、少し粘土質なので
そこに空気を入れることで、
生物と土壌が喜ぶ環境を作っているのです。

冬の間、このボコボコした状態で置いておきます。

天地返し
4月くらいになると、下のような状態になります。

冬田んぼ

左側が、前田自然栽培米ミナミニシキの田んぼです。

5月~10月の稲を育てる期間では
農薬や肥料を使用しない自然栽培で育て
周りの方と異なった方法で栽培していますが、

11月~4月の稲を栽培していない期間も
周りの方とは、全く異なった管理をしています。

冬の間に天地返しをすることにより
下の地層に空気を入れ込み
地下層を表層に出し、日光や雨風にさらして
凸凹した環境を作ることで
豊かな生態系を築いているのです。

人が喜ぶ食べ物を作るには、
微生物や虫達が喜ぶ環境を作る必要があると考えているのですね。

電話でご注文
「よくある質問」はこちら

3つの秘訣

商品カテゴリー

  • 生産者:前田 英之
  • 前田自然栽培米ミナミニシキ
  • 自然玄米珈琲
  • 前田自然栽培米 米ぬか

  • 生産者:縄田 伊知郎
  • 縄田自然栽培米ミナミニシキ

人気ランキング

【1位】ミナミニシキ

自然栽培米ミナミニシキ

自然栽培米ミナミニシキ


【2位】自然玄米珈琲

自然玄米珈琲

体に優しい自然玄米珈琲


【3位】自然栽培米ぬか

自然栽培米ミナミニシキ米ぬか

安心安全の自然栽培米ぬか

前田自然栽培米動画

Facebook

メニュー

会社概要

 

■ナチュラルスタイル■

住所:〒869-0101
熊本県玉名郡長洲町
宮野1103-8