自然栽培米ミナミニシキ|元来、日本人が食べてきた発芽する生命力溢れる本来のお米


【動画付き】自然栽培米作りに取り組むきっかけ | 前田さんが見た肥毒とは!?

日本における農業のうち
自然栽培の普及率はわずか0.05%といわれています。

農薬を使った栽培が9割を占める中で自然栽培に取り組むのは、非常に困難なこと。

労力と時間がかかる上に周囲から疎まれることもあるのでそれだけで生計を立てるには、よほどの覚悟が必要なのです。

米作り2000年の歴史を誇り全国でも有数の米所として知られている熊本県玉名市。

そこで、自然栽培米ミナミニシキを作っている農家前田英之さんがいます。

前田さんが自然栽培に取り組むきっかけとは?田んぼの中に見た有害なあるモノとは?

自然栽培米ミナミニシキを作っている前田さん

苗床作業する前田さん

前田さんは、無農薬・無肥料のミナミニシキの栽培を2006年から始めました。自家採種も行っています。

田起こしから苗作りは自然由来の水や土のみを使い除草にもジャンボタニシを活用するなどし不純物を一切入れ込まないという無農薬・無肥料栽培を徹底。

さらにミナミニシキだけでなく、ミナミニシキ玄米を100%原料にした玄米コーヒーや米ぬかも販売。

自然玄米珈琲

今となっては希少なミナミニシキをたくさんの人に届けてきました。

米ぬか

そんな前田さんは、もともと慣行栽培を行っていました。栽培品種は、九州で作付面積第1位のヒノヒカリを作っていたのです。

その頃ミナミニシキはあまり作られておらず、さらに無農薬の自然栽培をするのにも覚悟が必要でした。

前田さんが自然栽培に取り組むきっかけとは?

ミナミニシキの田植え

前田さんは、慣行栽培でヒノヒカリを作っている中、これからの時代は、自然栽培米が必要ではないかという想いを抱きました。

体に優しい無農薬・無肥料の自然の生命力にあふれた力強いお米を届けるためにもまず、自分の体で自然栽培米のパワーを実感したい

ミナミニシキおにぎり

そう思った前田さんは、一年間、自然栽培米ミナミニシキを食べ続けてみました。

すると、それまで感じていた胃もたれがなくなり、病気にもかかりにくくなって、体重が落ち筋肉質な体になったそうです。

前田自然栽培米ミナミニシキを育てる前田英之

改めてミナミニシキのパワーを体感した前田さんは無農薬・無肥料の自然栽培米の栽培を決意したのです。

前田さんが見た肥毒の正体

前田さんは以前、土木整備のお仕事をしていました。
田圃の補助整備を行い作物を作りやすい環境作りをしていたそうです。

前田さんはそこで、肥毒を見つけました。

それは、長年土の中で使われ、溜まり残っていた肥料によるものでした。

その光景を目の当たりにした前田さん。
農薬や肥料を使うと地層はどうなるのか、思い知ったそうです。

衝撃的な肥毒の様子は、前田さんの心に突き刺さりました。

これを見て前田さんは、自分の田んぼには農薬や肥料を入れてはならない、と強く思ったそうです。

前田さんに、「無農薬でお米はできるのか」と伺った時に、その時見た光景をお話頂きました。

前田さんは、非常に自然を見る力があり、田んぼの状態を見ながら、無農薬・無肥料をベースに栽培方法を変えていきます。

栽培マニュアルに沿って栽培するのではなく、田んぼを見て、稲の声を聞いて栽培する人は少なくなってきたかもしれません。

無農薬・無肥料で育った力強いお米をお届けしていきたいと思います。

⇒ 前田自然栽培米ミナミニシキはこちら

関連記事

電話でご注文
「よくある質問」はこちら

メルマガ登録

LINE登録

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

3つの秘訣

商品カテゴリー

  • 生産者:前田 英之
  • 前田自然栽培米ミナミニシキ
  • 自然玄米珈琲
  • 前田自然栽培米 米ぬか

  • 生産者:縄田 伊知郎
  • 縄田自然栽培米ミナミニシキ

年間契約

最新活動報告

当店の自然栽培米10の特徴

ナチュラルスタイルパートナー

ナチュラルスタイルパートナー募集

ナチュラルスタイルパートナーを募集しております。
「日本が自然栽培大国になる」ことを目指すナチュラルスタイル代表の井田から月4回パートナー限定メルマガを配信いたします。

全国自然栽培米再生協会

全国自然栽培米再生協会

私たちは、自然栽培米は体と心を元氣にする「本来のお米」だと考えております。
日本全国に自然栽培米が復活するように本協会を立ち上げました。

自然栽培米動画

Facebook

LINE

メニュー

会社概要